年収で人気の自営業住宅ローン審査情報のまとめ

住宅ローン人気のポイントは

今、注目の住宅ローンを選択しようか迷っている方も多いのですが固定金利もしくは変動金利を選びきれない方が多いのです。

その理由として固定を選択すれば、一定の金額を支払えば良いので気になった時に、返済額を確認出来るという利点があるからです。

ですが、変動を選ぶと月々にかかるお金も一定でないためにあといくらローンが残っているのか明確な数字が分らないのです。

とはいえ、今は金利が低い傾向にある事もありおよそ4割の方はこちらを選択しているという結果があります。

是非、今後の金利動向をしっかり把握しながら後悔しない納得のいく選択が出来るように努めましょう。

数年以内に、大きな買い物ともいえる住宅ローンを申請したい方は是非注意して頂きたいのがボーナス払いを使った返済方法です。

大きなお金が入った時にまとめて返す事が出来れば、月に返すお金が減るのでとても楽になります。

けれども、特別収入が付与されない会社も多く年によって全く出ないなんて事もあるかもしれません。

それもあり実際に賞与などを返済に充てているという方は、思いのほか少なく、40%程度だそうです。

もし不安な方は、まとまったお金が入った時に利用出来る繰上げ返済を利用してみてはいかがでしょうか。

自分の家が欲しい!と思う方は多いと思います。

だけども、マイホームの購入はかなり大きな出費になります。

このため、現金をすぐに用意する。

という事は、かなり難しいです。

では、住宅ローンを組むとき、どこから借金をするのか?簡単な方法としては銀行・信用金庫で借り入れする事です。

どこから借り入れしようか、自分で悩んでも良いのですが銀行と不動産屋が連携している可能性もあるので、不動産屋の選択に任せても良いでしょう。

今後、新築を希望されている方や既にローンを組んでいる方も注意したいのがオーバーローンにならないようにする事です。

どんな理由があっても住宅を購入するために用意されているので、異なる目的での利用は認められず申請しても通りません。

なので、どれ位の物件で費用はいくら必要なのか?しっかりと確認した上で申込みをすべきなのです。

もしも、法律違法な契約が見つかった時にはこのような契約を勧めた会社も営業出来なくなります。

こうしたデメリットやリスクも合わせた上で検討し、目先の事だけでなく将来をしっかり見据えて選択しましょう。

今の自営業の住宅ローンは数え切れないほど沢山の商品があり、人気の会社の商品はどれなのかを知らない為に、迷っているという方がとても多いのが現状です。

そんな時に専門のアドバイザーに相談して、融資を受けるというやり方もありますが無料ではありません。

ただ私達はこれから利息を払い続ける立場ですので、お金をかけてまで相談したくないという方が殆どです。

中には仲介になってくれる方がFPの資格を持っている事もあり、プロの意見を無料で聞く事が出来るので便利です。

探せる範囲でいいので自分でも検索しておきましょう。

今後、自分のマイホームを購入される予定の方は申請する際に火災保険に加入する必要があります。

月々にかかるローンだけでも高額なのに更に、敢えて保険料を支払う必要があるのかと思う方も多いと思います。

けれども、災害や家事などで家を失ってしまった場合に保険に加入しなかった場合、ローンはそのまま残り他の経費と合わせてこのローンも払っていくしかないのです。

もしもの場合を回避するためにも、きちんと申請していればお金を貸したローン会社もあなたも損をしない選択なのです。

ですので、万が一に備えてしっかり申請しておく必要があります。

住宅ローン何回払いがおすすめ

都合により自営業の住宅ローンがまだ残っている段階で失業した時は、残りのお金をどう返済していけば良いのでしょうか。

何があるか分らないので、把握しておきましょう。

第一にやるべき事は、自分の今の状況把握です。

リストラされた原因が私にあるのか、それとも会社側の理由なのか理由によっては、退職した後の支給金に大きな差が出るからです。

申請した内容がきちんと反映されば一年間は保証されるので、改めて職場を探しながら、返済をしていけると良いですね。

しかしながら、一回でも支払いが滞ってしまうと難しくなるので優先順位を考えて行動するようにしましょう。

自営業の住宅ローンはどこの会社で選ぶかということも迷うところですが、意外にも変動金利にするか固定にするかで悩む方が殆どです。

何故ならば固定は、月ごとに決まった金額を返済すれば計算もしやすいだけでなく、総返済額も正確に分りるからです。

ですが、変動を選ぶと月々にかかるお金も一定でないためにローンの残高を明確に把握出来ないというデメリットがあります。

それなのに、低い金利が続いている今の世の中では調査によると40%の方が利用しているそうです。

こうしたデータも参考にしながら、金利傾向を把握して後悔しない納得のいく選択が出来るように努めましょう。

自営業の住宅ローンを組む際に気になるのが金利です。

自営業の住宅ローンの金利は大きく分けて固定金利・変動金利があります。

どちらが良いかはその人が選ぶ事で、銀行の方から薦められるという事はありません。

基本的に金利が高いのは固定金利、低いのは変動金利です。

また、金利のタイプによって審査が違ってくる。

と言った事などはなく、公平な立場で審査が行われます。

どっちの金利が良いかわからなくなった時は、その銀行の過去の金利推移などを参考にすると良いでしょう。

自営業の住宅ローンの中には、フラット35という名前のローンがあります。

フラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構によって提供されるローンの事で、35年間支払い額が変わらないのが最大の特徴です。

フラット35に申し込みをすると、一般的なローン同様フラット35のローン審査は一般的な物よりも審査の見方が異なります。

とはいえ、年収や勤続年数など、支払いに関わってくる事は住宅の価値を重視して審査を行います。

一般的な自営業の住宅ローンと一緒です。

貸付する住宅が、将来価値が上がるか、下がるか。

フラット35の審査は通過するケースが多いと言われています。

近い将来、新しく家を購入していく計画を立てている方で支払うためのお金を少しでも親族に援助してもらう方は、もしも贈与税が発生した場合に備えて確認しておきましょう。

この仕組みは、相続する金額によって税金がかかるもので例を挙げると年間で110万円を超えるお金をもらった場合、その内の一割を税金として支払うものです。

110万円以下であれば、税金はかかりません。

またふとした時に親族からお金をもらう場合もあるので、返済をしっかりしていくためにも下調べが必要です。

今後必要になってくる税金や手数料も確認しておくと良いですね。

自営業の住宅ローンは、自宅を購入する際に役立ちます。

ローン申請は、銀行等で受け付けています。

申し込みの時には、銀行側から言われた資料を用意します。

なんといっても、35年という長期間、多額の現金を貸し出すわけですから銀行側は、年収と勤続年数に1番こだわり審査をします。

それにより、確実に通る。

といった様な簡単なものではありません。

通過しなかったケースも多々あります。

一般的な基準としては勤続年数3年以上、年収300万以上が最低の判断基準ラインと言われています。