自営業住宅ローン審査の年収の件に関するサラリーマンの体験談

自営業住宅ローンとローンの関係性

マイホームを建てたい!と夢を見ている方もいらっしゃるでしょう。

とはいえ、家は高額な買い物です。

ですから、現金ですぐに支払いをする。

という様子は誰でもできる事ではありません。

では、借金をするための住宅ローンはどういった所を選べば良いのか。

様々な方法がありますが、一番良いのは銀行・信用金庫で借り入れする事です。

自分でどこの銀行から借り入れするか選択しても構わないのですが銀行と不動産屋が連携している可能性もあるので、不動産屋に全てお願いしても良いと思います。

近々、自分の持ち家を新しく建てる予定のある方実際にどれくらいの費用がかかり、返済期間はどのくらいなのかを知りたい方はシミュレーションで試算してみると良いでしょう。

賞与などを利用した返済にするのかしないのか、返済を始める月はいつからにするのかまで設定でき、実際にかかる自営業の住宅ローンがいくらなのか分るので参考になります。

最近ではどこの会社も無料で試せるものが多く、自分の予算に合わせて比較検討してみて下さい。

但し出てきた数字は一つの基準として考えましょう。

無料相談をしているところもあるので、検討しましょう。

何千万という高額な単位の自営業の住宅ローンなので、0.1%でも安い金利で抑えたいという方が大半だと思います。

そんな訳で、少しでも手数料が安い安心できるおすすめの銀行をご紹介したいと思います。

お得な情報が満載の『イオン銀行』がとても人気です。

注目のポイントのその利息の安さにあると言えますし、それにローン契約をしている方の特典としてイオンでの買い物が、5%も割引されるお得な特典が付いてきます。

また繰り上げ返済時の手数料も無料なのも、人気の秘訣です。

もし何か問題があった時の対応も調べておくと良いですね。

これから数年以内に住宅ローンを考えている方は、是非、注意して頂きたいポイントがいくつかあります。

人生の中でも最大の買い物とも言える大きな商品です。

なので金利の安さだけで選ばないようにしましょう。

おすすめは、実質負担額がいくらになるのか?で選びましょう。

どんなにお得な金利で申込みをしても他の部分で費用がかかると、結果的に損してしまった…なんて方も少なくありません。

金利の種類によって支払う金額も大きく異なるため、目先の事だけでなく将来を見据えた上で選択しましょう。

選択に迷った時は評判をみてみるのも一つの方法ですね。

自営業の住宅ローンは住宅購入の時に役立つものです。

銀行や信用金庫またインターネットバンキングでも受付ています。

けれども、審査がどんな場合でもあります。

大事な事は職業と勤続年数、そして年収が主なポイントです。

さらに、関係なさそうな過去のお金に関するトラブルなども大事な審査の対象になりまので仮に思い当たることがあるのならきちんと綺麗に片づけた上で申請することをおすすめします。

家を購入しようとしたときに最初に来る難関は支払の事をどうするか。

という事だと思います。

全体的に、銀行から借り入れする住宅ローンを申し込む方法がおすすめです。

申し込みの際には、一番年収がある人の名前での申請になります。

支払が生じる期間は人によっては35年もありますので銀行側もリスクに備えて団体信用生命保険の申し込みも進められます。

この保険は、申請者に何かあった場合残りのローンの支払義務がなくなる。

といった、家族にもメリットが高い保険です。

自営業住宅ローンとクレジットカードの関係

家を購入する際、資金調達で誰もが頼るのが自営業の住宅ローンではないでしょうか。

申し込み方法はいたって簡単で金融機関ならどこでも受付ていますし忙しい方はネットバンクなども利用してみると良いと思います。

さらに、不動産屋とつながっている銀行等に任せるという方法もあり、自分の都合に合わせて調達できます。

申し込み後、審査が通り、実際の支払に移行した場合10年に渡って控除を受けられます。

その場合、会社で行われる年末調整では受付できないのでローンを組んだ年の確定申告に自分で行く形になります。

住宅ローンを組むとなると、高価な買い物になるので少しでも利息の安いところで申込みたいと思うはずです。

従って、最近ネットでも話題になっている評判の利用しないと勿体無いオススメの銀行をお知らせします。

まずはネットでも好評のイオン銀行から見ていきましょう。

何を差し置いてもその金利の安さはどこにも負けず、更に、イオンでの買い物をするだけでお得な特典として登録している方だからこそ割引してもらえます。

また繰り上げ返済時の手数料も無料なのも、人気の秘訣です。

これ以外でもいくつか調べて比較してみても良いですね。

自営業の住宅ローンを組むためにはまず、どの金融機関に融資を申し込もうかという事を決めないといけません。

例をあげると、銀行や労金、ネットバンクなど住宅ローンを組める金融機関は数多くあります。

借入する所によって自営業の住宅ローンの審査の違いは大きな違いは特にありませんが、店舗が存在しないネットバンクは、取引をすべてネット上で行う事になります。

実店舗に行かなくて良いのでとても好評です。

また店舗がない為、経費節約ができ、金利も低いのが特徴です。

ネットバンクは月々の支払いを少額にしたい方や忙しい方におすすめの自営業の住宅ローンです。

マイホームの為に思い切って自営業の住宅ローンを申込みしたけど、残念ながら本審査で落ちたという方はいませんか。

次に紹介する以下の点をまずは確認してみて下さい。

年収が400万円以上であるかどうかこれが大きなポイントです。

他にも勤続年数が3年未満の方や、健康状態も判断されます。

公共料金などの支払いを忘れてしまったり、遅れると審査の時点で落とされてしまう可能性が非常に高いです。

どうしても結果に納得の出来ないという方は、再度きちんと支払いをしているか確認してみて下さい。

何事もなく借入れをするためにきちんと調べておきましょう。

今後、両親と同居している予定のある方は、今人気の自営業の住宅ローンについて理由も一緒に紹介したいと思います。

原則として、お金を借りる時には年齢に制限があるので老齢になるとどうしても難しい場合が殆どです。

けれども、後を任せられる後継者がいれば親子リレー返済も可能で年齢がいっていても安心して申込み出来るのです。

この仕組みは、二人で同時に返済していくのではなく返す時期をずらしていく為に可能なのです。

こういった条件があるので長く借入れが出来るのです。

是非、こうしたローンも視野に入れて検討してみて下さいね。

自営業の住宅ローンの支払いを長い間しているとまとまったお金が手元に入る事もあるかと思います。

その様な時は是非、繰り上げ返済を検討してみてください。

繰り上げ返済とは月々のローンとは別のもので、まとめて現金を返済する方法です。

繰り上げ返済をすると、ローンの元の金額を減らす事ができますので、元の借入額を減らす事が出来ます。

借入額が減れば、月々の返済額も減る。

という事になります。

繰り上げ返済をする際に手数料がかかる銀行もあります。